10/4

10月のやさしい焼き菓子レッスン、フィナンシェ2種のご紹介です。

まず、プレーンのフィナンシェから。このフィナンシェは、厚焼きするのが私のおすすめです。焼きたては、外がカリッ中がしっとりの食感です。作った人だけが味わえる特権です!フィナンシェは、シンプルな工程ですがポイントをしっかり押さえていないと作るたびに出来上がりに大きく差ができたり安定しません。卵白の状態、泡立ての程度、バターの焦がし具合をしっかりレッスンします。スペイン産のおいしいアーモンドプードルを使うので、ふんわりしていて味わいもしっかりしています。

次に、ヘーゼルナッツのフィナンシェです。こちらは、ヘーゼルナッツの味わいが濃いので薄焼きがおすすめです。キャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピングします。このキャラメリゼのヘーゼルナッツはそのまま食べてもとても美味しく、止まりません。フィナンシェのアレンジとしてまず最初に作りたいフィナンシェです。

フィナンシェは、自分で作って食べたいお菓子NO.1かもしれません。作りやすくて、美味しい。アレンジも面白いです。私の販売日でフィナンシェは、見た目がシンプルなので、販売日でとてもおすすめなのに最後まで残ってしまうこともありました。でも、フィナンシェが好きなお客様だと全部買い占められていました。買ったものは、油で袋がベトベト…とか甘ったるいだけというイメージがあると思いますが、そんなマイナスイメージがふっとぶと思います!!フィナンシェがあまり好きじゃないな、と思われている方も作ったものを食べると意外とフィナンシェの虜になるかもしれませんよ。ぜひ、この卵白を使ったお菓子特有の食感も体験していただきたいと思います。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています!

10/4

台風が過ぎ去って少しは涼しくなるでしょうか?!今日も少し動くと汗ダラダラで、せめて湿度だけでも下がってほしい!と思う今日この頃です。

さて、今日はフィナンシェのご紹介をする前にお願いがあります。昨夜、子供が私の携帯をさわっていてラインのアカウントを削除せざるを得ない状況になってしまいました。なので、現在新しいアカウントになっています。数十年ぶりに会った友達のラインも分からなくなってしまいました…….年賀状で知らせるしかないです。ラインを始めてまだあまりたっていなくて、使い方などもよく分かっていないので、もしこのブログをみてくださっていて連絡くださる場合は、ご面倒ですがメールをお送りくださいますようお願いいたします。

info@cerisefr.com

10/3

今日は、10月の月替わりレッスンの「胡桃とコーヒーのムースケーキ」のご紹介です。

まず、くるみたっぷりのビスキュイ生地を焼きます。1台4枚焼きます。生地の半分は絞り袋を使って絞り、残りの生地は私の作った型で成型します。生地が焼けたら、生地をカット→ポンシュをうつ→ムースを2種類作りその都度流す、という流れです。作った感満載の立派なケーキが出来上がります!

ほら!ね。

胡桃の香りと食感、コーヒーの風味がマッチしたお菓子です。いつものお菓子より工程が多く大変そうなイメージですが、ひとつひとつの工程は難しくないのでご安心ください。3時間はしっかりかかってしまうお菓子ですので、お時間に余裕を持ってお越しいただければと思います。それと、このブログをご覧くださっている生徒様、レッスン当日保冷剤を5個程度お持ちください。持ってきていただくものに書くのを忘れていました!すみませんが、よろしくお願い致します。

明日は、フィナンシェのご紹介です!

9/30

本日9月のお菓子教室が全て終了しました。ご参加くださいました生徒様、ありがとうございました。チョコマーブルケーキいかがでしたでしょうか。今年の9月は暑すぎましたね..焼き菓子が美味しい季節まであと少しです!

さて、来月のお菓子教室は、新しく「やさしい焼き菓子レッスン」がスタートします。第1回目は「フィナンシェ2種」です。昨日のブログでも紹介しましたが、簡単なようで奥が深いとてもおいしい焼き菓子です。ぜひ、この機会にご参加くださいね。

「月替わりお菓子レッスン」は、胡桃とコーヒーのムースケーキです。ビスキュイ生地を焼いてポンシュを打ち、組み立てた中に胡桃ムース、コーヒームースを2層に流します。香ばしく秋らしいお菓子です。工程がたくさんあるので少し頑張らないといけませんが、出来上がると達成感があります。ぜひ、こちらもおすすめですのでご参加お待ちしています。

10月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

9/29

昨日は、京都のお菓子教室へ行ってきました。

メニューは、来月ceriseのメニューにもなっている「フィナンシェ」でした。今回は、抹茶と紅茶の2種を教えていただきました。

フィナンシェは、簡単なようでとても奥深いお菓子だと改めて勉強になりました。手順は簡単ですが、バターの焦がし具合、材料の温度、何より卵白の状態と泡立てがキーポイントとなります。卵白のお話は、来ていただいている生徒様にはお伝えしていますが、改めてまたしっかりとお伝えしたいと思います。お菓子を作るためにはここは大変重要です。自家製酵母パンを作られる方が自家製酵母をおこすのと似ているかな、と思います。奥が深いというのは少々面倒臭く、そんなんやってたらお菓子なんて作れないと思われると思います。いきなり奥深くなんて出来ないのが普通です。お菓子作りをしているうちに、ここは重要だと感じはじめます。その時、やっていただけたらと思います。

来月の「やさしい焼き菓子レッスン」では、アーモンドとヘーゼルナッツの2種を作りますので、ぜひ多くの皆様にお越しいただきたいです。まだ空いているお日にちもありますので、ぜひお待ちしています!現在お越しくださっている生徒様にもおすすめのレッスンですので、ぜひご検討くださいね。

ちなみに..抹茶&紅茶のフィナンシェは、香り高く食感もよく、久しぶりにおいしいフィナンシェをいただきました。フィナンシェは、作るに限る!!です。めっちゃおいしい~です。(←昨日のラグビーワールドカップの選手のインタビューですごく印象に残った「めっちゃうれしい~」連発のやつ。見ていた人には分かるはず)

9/27

今日は、涼しくなる予定が少し蒸し暑い一日でした。そんな今日は、「龍の髭」という中華のお店に行ってきました。

お菓子教室の生徒様からの情報で行ってみたかったお店です。とても美味しく大満足でした。全てのお料理が丁寧に作ってあるといった印象でした。9月はランチを楽しんだなあ!食べてばっかりのブログですみません。9月のレッスン、残り1日、10月のレッスンへと秋に向かって頑張ります。

9/24

9月の3連休は、いかがお過ごしでしたか。イベントや学校行事などありましたが、台風の影響でお天気が心配な日が多かったですね。私は、先日のランチの様子を紹介したいと思います。

途中、スープが出てきましたが、あまり良い写真が撮れなかったので省略しています。ちゃんと話すのは25年ぶりくらいとなった友人との贅沢なランチタイムとなりました。お互いにこんな年齢になってしまったのかっ!といいつつ変わらない友人をみて嬉しく元気になりました。私より若くシャキン!としていて私も見習わないとと思っています。

そして、お菓子教室で一度食事会が出来るといいなと思っています。8月はレッスンがお休みなのでそのタイミングでどうかな、と。でも、欲を言うとデザートは私が用意したいなあ。

ちなみに、上の食事はホテルモントレ姫路にて、です。

最後に、姫路城で行われていたラグビーのパブリックビューイング。ちらっとだけ様子を見に行きました。姫路城をバックに広々とした芝生の上でラグビーを観戦できるなんて..贅沢だなあ。姫路は改めて、いい所だと感じました。

9/22

新しいホームページとブログを訪問くださりありがとうございます。

長く「青空シフォン」として活動してきましたが、「Ceriseスリーズ」と名前を変えてお菓子教室を中心に活動していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お菓子教室では、お菓子を作ることを学んでいただくことはもちろんですが、お菓子好き、美味しいものが好きな皆様が楽しみ喜んでいただける場所にしたいと思っています。

私の教室は、少人数制でお一人一台製作お持ち帰りしていただきますので、ご家庭でのお菓子作りが難しい方も通っていただくうちに少しずつお菓子作りが出来るようになります。もちろん、ご家庭で復習していただくと早くお菓子作りが上達します。

私がお菓子を教わった「イルプルー・シュル・ラ・セーヌ」で、お菓子作りの職人さんが減っているということを聞きました。もしかすると、お菓子を購入することが難しくなるかもしれないと話されていて、「それは困る!」と言うと「だからこうやってお菓子作りをおしえているんじゃない」と言われてしまいました。大げさに聞こえるかもしれませんが、実は私も最近そう感じることがあります。確かにお菓子屋さんはありますが、本格フランス菓子の店はなかなか見当たりません。美味しいというのは個人の味覚や価値観があるので難しいですが、イルプルーで教わったような、素材の味を生かし、丁寧に作った繊細なお菓子にはなかなか出会うことができません。お菓子は、贅沢品で特別感があり、普段は必要のないものと思われがちですが、月に一度とっておきのお菓子を手作りし味わい心を満たしていただきたいというのが私の願いです。

お一人でも多くの生徒様とこれからも美味しく贅沢な時間を共有できるよう、「Cerise」として頑張っていきます。

応援していただきますと嬉しです。どうぞよろしくお願いいたします。

「フランス菓子教室 Cerise」高嶋あおい

9/19

急に爽やかな気候になり快適で助かります!
さて、今日のお菓子教室の様子です。

試食ルーム。
レッスンの後にゆっくりご試食いただいています。

レッスン中は写真撮影が難しく、レッスンの様子がお伝えできなく申し訳ありません。
レッスン時間はいつも約3時間です。
少しオーバーする時もありますが、3時間半くらいでご試食まで終了するよう心がけています。
だんだん秋めいてくると、お菓子が恋しくなってきます。
ぜひ、手作りお菓子でティータイムを過ごしていただければと思います。

本日も楽しくレッスンをさせていただき、本当にありがとうございました。

・・・・・
★9月30日(月)10:00~
チョコマーブルケーキ、ロシアンティケーキのレッスンにおひとり空きがございます。
よろしければ、ぜひお待ちしていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

★10月のお菓子教室の生徒様募集中です
「やさしい焼き菓子レッスン」
フィナンシェ2種   4000円
(新しいレッスンオープンにつき皆様上記の料金となります)
スペイン産アーモンドプードル、発酵バターを使用し香り豊かなフィナンシェを作ります。
使用する卵白にもひと手間加えます。卵白の泡立て、焦がしバターの焦がし具合など色んなポイントがあります。この機会にぜひ、作り立てのフィナンシェを食べにいらしてください。

「月替わりお菓子レッスン」
胡桃とコーヒーのムースケーキ   5000円
(初回はレッスン料金のみ、2回目以降は入会金をいただいております)
胡桃とコーヒー、黒砂糖のさっくりとしたビスキュイ生地に、胡桃のお酒とコーヒーのシロップをたっぷりとしみ込ませ、胡桃のムースとコーヒーのムースを2層に流します。
その上に、シャルロットポワールのように大きな帽子をかぶせて出来上がりです。
秋に食べたくなるような、コクのあるそして胡桃が香ばしいお菓子です。
久しぶりの大作に挑みます!ぜひこの機会にお待ちしています。

Ceriseお菓子教室

9/16

さて、昨日の続きです。
キリンビールの岡山ワイナリーの後、娘の用事を済ませて私の目的地へ。

以前ご紹介した「レ・ジャン・シック」さんが移転されたとう情報があったので、行ってきました。
屋号も「patisserie パリ3区」に変わっていました。
名前の通り、いかにもフランスといった感じの外観で期待以上でした。

中へ。素敵すぎてわくわくします。

焼き菓子コーナー。

冷蔵ショーケースのあたりは詳しく撮影できませんでしたが、イルプルーを思わせる上品なイメージでした。明るい店内とシャンデリアがいいですね。
まず、入店してお店に漂う香りがイルプルーと似ているな、と思いました。
イルプルーの製法を元にされているから当たり前かもしれませんが、とても良い香りでした。
いくらか生ケーキと焼き菓子を買ってかえりました。
以前買った時もそうでしたが、生ケーキに付けてくださる保冷剤の量がすごいです。
帰るまで1時間とお伝えしたので余計ですが、一つのケーキに1個の割合です。
イルプルーのケーキは温度指定がすごく厳しいのが特徴です。
きちんと冷やしていないと、ベチャっとした食感になることもあります。
なので、やはりそこはきちんとされていて見習わなければいけないと思いました。

8月にオープンされたようですが、昨日も次々とお客様が来られていました。
凄いなあ。お店の雰囲気が素敵すぎて、心の底から羨ましく思いました。

そのケーキの紹介は、また明日のブログで✤

・・・・・・・
9月のお菓子教室の生徒様募集中です
9月19日(木)10:00~
9月30日(月)10:00~
空きがございます。
もし、よろしければぜひお待ちしています。